2018年11月22日木曜日



 【the gardenについて】






皆さんこんにちは。SaToMansion 3男ボーカル、佐藤和夫です。

久しぶりのブログです。

セカンドアルバム「the garden
皆さん聞いて頂けましたでしょうか?


今回の作品について書きたい事は山ほどあるんですが、今回は今伝えたいと思い付いたものをいくつかのテーマごとに綴っていきたいと思います。





【ジャケット】

 




















ジャケット、ブックレット、アー写、フライヤー、etc

一手に引き受けてくれたのはライブ写真をいつも撮ってくれているnanae tahara氏です。
気が付けば長い付き合いになります。

ライブ写真も素敵ですが、彼女が考える作品に対しての美学を信頼しているので、今回は新アー写からリリースまでを一貫して手がけていただきました。


前作は「the room」でしたが、

新しい表現をしたい
壁を打ち破りたい
アー写もカラフルだし

そんな思いを込めて「the garden


テーマに沿ったデザインであるように試行錯誤の末、素晴らしいジャケット、ブックレットになりました。ありがとうございます。


前作、僕が担当したジャケットと見比べてみると、クオリティーが雲泥の差だというのは一目瞭然ですね。



ファーストアルバム「the room
 



















「パンチ力」


これだけで勝負を挑んだジャケットでしたが、意外にも皆さんに愛してもらえているようで、嬉しいです。

実は今作「the garden」にも天才和夫画伯の渾身のマスコットキャラが隠されているのをお気づきでしょうか?


そちら、「がーでん君」です。

どうぞよろしく。

















【レコーディング】


さて、レコーディングについてですが、昔からお世話になっている渋谷CYCLONE系列の「RAINFORD STUDIO」にて、シングルのカップリング曲も同時に全10曲、二日間で録り終えました。























(後半戦の雑な工程表が発掘されました)



ドラム、ベース、ギター2本を4人で一発録りしていくので、効率良く進んでいきます。

長い付き合いになりますエンジニア白土氏の録り音なので全く問題無し。


そのデータを家に持ち帰り、欲しくなったギターの音など音をどんどん足していき、
簡単な調整をした後、録りの最終工程、歌入れに突入します。






【歌入れ


8月上旬。歌入れ作業開始。
季節は真夏、特に今年はとても暑い夏でしたね。


他のバンドと全く違う点があるとすれば、
歌入れを全て自宅で自録りするというところです。

歌を一番良いテイクで残したい。
一番いいテイクを探し求めたい。

という思いから時間を気にせず思う存分歌いまくれるように、
セルフレコーディングという技術を身につけました。

SaToMansionの作品はこれまで全て自録りです。


防音でもなく山奥でもなくただのクソボロマンションの一室。


コンデンサーマイクというとても繊細な集音マイクを使いますのでエアコンは付けません。

というのも、クソボロマンションですのでエアコンは付いてません。

窓エアコンを装着しています
知っている方は少ないかもしれませんが、めっっっっちゃうるさいです。

なので電源を入れられません。

知ってのとおり、僕は声量には自信があるので、近所迷惑にならぬようにせめてもの心遣いとして窓とカーテンを全て閉ざします。

真空管搭載の特殊なマイクですので電源もマイク自体も発熱しますし、
デスクトップ型のパソコンやらなんやら諸々の機材の熱と、
僕の熱い心からも体からも熱が放熱される。ジャンジャン放熱される、
サビに入る、温度が上がる!マイクは声を記録し続ける。
Cメロに入る!気持ち高まる!!熱い思いが溢れる!!温度が上がる!!!
俺の歌を聞いてくれ!!届けたい歌がある!!プロトゥールスは感情を記録し続ける!!
気持ち高まる!!!どんどん高まる!!!!!温度が上がる!!!!!
燃え上がる心!!!!!温度は上がる!!!!果てしなく!!!!!!
シャイニングアイラビューーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!




外は40度に届く勢いの猛暑。

完全に閉め切った6畳の一室。

思いの丈を一つのマイクに刻み続ける和夫氏。






、、、、、、、






全裸でした

気が付けば

ぼくは全裸でした






117日にリリースされたばかりのセカンドアルバム「the garden
皆さん聞いて頂けましたでしょうか?

ボーカルは全裸で歌を歌いました。

こんなアルバム他にあるでしょうか?

歌を書く人間は裸ん坊だといいます。

心や思いを丸裸にしてこそ、人に伝わる歌になります。

正真正銘、僕の丸裸。

そんな作品「the garden

一人でも多くの人に届けばいいなと思っております。





【レコーディングは冬にしたい】



俺の部屋

延々と流れ落ちる汗

サウナ

脱ぎたい

脱ぐものなどもう何も無い

迫る締切 デッドライン

猛暑

レコーディングは

冬にしたい





SaToMansion 佐藤和夫







SaToMansion / シャイン



0 件のコメント:

コメントを投稿