2015年11月24日火曜日

長男、ベース、幸城



SaToMansion、
Bassの佐藤幸城(長男)です!

幸城初ブログです。

最初だし音楽を始めたあたりからの昔話から。



僕が中学入ったくらいのお話。



母親がどこからかアコースティックギターをもらってきた。



当時、兄弟の間ではヒーローものなどの人形を操ってオリジナルなストーリーで遊ぶのが流行っていた。パペット的な遊び。



「お前らはまだウルトラマンだかなんだかのおままごとか?おれはギターっていうかっこいいやつでイーマイナーを弾いてるんだぜガキどもが」




そんな事を想いながら人形劇に無我夢中なコドモ3人を横目にギターを爪弾く。



幸城は新しい遊びを覚えました。



しかし、この瞬間。

僕の、
そしてこの兄弟の音楽ライフな人生がはじまります。






やがて、
そんな渋くてかっこいいおにーちゃんに憧れてみんな続々と真似をしだします。







とはいえ
当時はまさかみんな音楽をやるなんて思ってもいなくて

英樹は美容師、
伸之は料理人、
和夫はチンピラ、

になるもんだと思っていました。




時は流れ
幸城、音楽を志し上京。



その4年後英樹、
「やっぱドラムやるわ」
と、呑気に上京。

その次の年、
ギター担いで
無言で和夫上京。



そしてその4年後、
まさかとは思いましたが
ギター担いで伸之上京。

この時が1番両親ごめんと思いました、、、、、




それでたまーに4人でスタジオ入ったりしててその当時から心の中で絶対兄弟4人でバンドやったら面白いと思ってました。

ただ当時はバンドで成功するっていうイメージの中に兄弟でやるってのはなかった。



そしてまた時は流れ、、


幸城バンド脱退
英樹バンド活動休止
和夫バンド活動休止
伸之バンド危機


やっぱり相当なものをバンドに注いできたので
それがなくなると
ポッカリと穴が空いた感覚になる。


それはみんな同じだと思う。
一緒に住んでるし前より時間はあるし自然と4人集まって飲む事が多くなる。

おれはお酒だめだけどあのときはみんなすごい飲んでた。


特に和夫は毎回吐くまで飲んでた。





それを繰り返してるうちに
「SaToMansion」結成に至ります。







ちなみにその住んでる所が○藤マンション。

佐藤ではないけど!
よくみんなで○トマン。って呼んでます。
それがサトマンになり「SaToMansion」
になったのかどうかはわかりません。




で、いまの話。




実はスタジオ入って曲作ったりしはじめてけっこう経ちますが
不思議なもので兄弟ではなく
メンバーという意識が強くなって来ました。


でもぶっとんだアイディア出し合って盛り上がったり
つまんなくなったら全く別の事はじめたり、、、

人形劇をやってたコドモ4人となんも変わってない気もします。



これからこのバンドにどんな未来が待ってるのか今から楽しみです。


最近いろんな良くないニュースがあるけどこのメンバーこのバンドで
せめて一回はライブやるまで絶対死にたくないなーとふと思う事があります。


なので1月4日、
渋谷cyclone。


ピースフルなライブハウスに足を運んでもらって
良いライブをしてピースフルなスタートをきりたい!






「SaToMansion」

よろしくお願いします。









最後に


あまり過去を振り返るのは好きではないけどこれまでの音楽人生

たくさん支えてくれた人がいた事
かけがえのない仲間がいた事
素晴らしい日々があった事

をしっかりここに記しておきたい。

感謝しかないです。







そういえばあのアコースティックギターはどこ行った?






0 件のコメント:

コメントを投稿